島根県学力調査の目的について

学習指導要領における各教科の目標や内容に照らした学習の実現状況及び学習や生活に関する意識や実態を客観的に把握するとともに、全国学力・学習状況調査(以下「全国調査」と言う。)等で明らかになった学習指導上の課題の改善状況を検証し、今後の教育施策の充実と学校における指導の改善に役立てます。

 

公表する調査結果について

・今回は調査結果の概要を公表します。また、調査で測ることができるのは学力の一部です。このことを理解していただき、単に数値のみで序列化するなど過度な競争につながることがないようにしてください。

・このホームページで公表する調査結果は、次のとおりです。

 

○平成27年度島根県学力調査結果概要

・全国調査でみられた主な課題の改善状況、各教科の状況や生活・学習に関する意識調査結果の概要、教科に関する調査と意識調査のクロス分析結果等についてまとめています。

 

○教科別調査結果(資料1)

・各教科の成果と課題について、問題例を示しながらまとめています。

 

○設問別解答状況一覧(資料2)

・各学年、各教科の設問ごとの解答状況についてまとめています。

 

○生活・学習に関する意識調査結果一覧(資料3)

・生活・学習意識調査の回答状況を、質問ごとに小学校第3学年から中学校第2学年まで順にグラフ化しています。

 

○市町村別正答率一覧(資料4)

・市町村教育委員会の正答率一覧を公開します。

※ただし、次のように、学校が特定される場合は公開しません。

・町村に小・中学校が1校しかない場合。

・小学校6年生の社会科と理科には、単式学級用問題と複式学級用問題があります。

町村内全ての学校が複式学級用問題を実施した場合、または複式学級用問題を実施した学校を除くと町内の学校数が1校になる場合。

・中学校の社会科には、選択問題により社会Aの問題と社会Bの問題があります。

市町村内で、社会Aまたは社会Bを選択した学校が1校になる場合。

 

(選択した学校がなかった場合も空欄になっています。)

関連資料のダウンロード
テーマ
学力調査
学校区分
小学校・中学校
資料作成時期
平成27年
所管部門
教育指導課